カピバラ大好き

カピバラ大好き>カピバラなび>長崎バイオパーク

長崎バイオパーク

園館基本情報
所在地 長崎県西海市西彼町中山郷2291-1
TEL 0959-27-1090
休園日 年中無休
WEB    
その他 ・園内1周約2kmで坂道・階段などがあるがベビーカーでも大丈夫。
・ベビーカー、電動アシスト付き車椅子の貸し出しあり。
・ハウステンボスから無料送迎バスあり(要予約)
・8月だけ閉園時間が30分長い。
・福岡のトリアスふれあい動物園は、同系列園。
・動物ふれあい専門施設「PAW」との共通券がお得。




所在地図;



カピバラ情報
最短距離 約 0 m
ふれあい 可能
餌あげ 可能 (100円)
混合飼育 フサオマキザル、コブハクチョウ、コールダック
お風呂 あり・2008年12月開始・日本初の打たせ湯を完備、国内2番目のカピバラ露天風呂。
特記事項 2009年6月、日本初のカピバラの泳ぐ姿を水槽で横から観察出来るアマゾン館で飼育(現在は終了)
2009年度 エンリッチメント大賞をカピバラ展示で受賞。
2012年6月 ファンによる第一回カピバラ総選挙にて所属の「タケシ」が優勝。
2013年11月 カピバラと一緒にあたれる「カピストーブ」建設。専用建物に薪ストーブを設置。
2014年11月 カピバラ露天風呂に隣接する形でお客さん用の手湯施設を設置。

カピバラの飼育展示している放飼場がふれあいの出来る大放飼場の他に複数ある。
冬季(11月末より2月まで)は、カピバラの露天風呂を開催。
夏休み期間は、カピバラのスイカタイム(オヤツタイム)イベントを開催。



カピバラ詳細情報
長崎バイオパークは、見る動物園と言うよりも、感じる動物園タイプです。色々な動物達に餌をあげたり、ふれあいが出来、ほとんどの動物が鉄檻では無く、色々な工夫によって人間との境が出来ています。ですから、観察する際もとても身近だったり、障害物が無いので見易いとっても良い環境です。

又、自然も豊富で動物間を移動している際も森林浴・ハイキングをしている感覚です。園真ん中のフラワードームでは熱帯の花が咲き乱れ、蝶が飛んでいるという空間も珍しいと思います。又工夫を凝らしたイベントも盛りだくさんですので、お出かけの際はHPでチェックしてみてください。

さて、カピバラ好きでしたら、この動物園の事を知らない方はいないと言うぐらい有名で、昔から「カピバラの聖地」と言われています。大きな放飼場、テニスコート4面はあるでしょうか、その陸地には大木がそびえ立ち、真ん中には広々した大きな池があります。その周りには、カピバラ達がゴロゴロ寝ていたり、歩き回ったりと自由気ままに生活しています。もちろん、カピバラには触ることができますし、100円で餌をあげることも出来ます。とても人に慣れていて、ペレットや竹の葉などの餌を上手に食べるのには感心しました。

カピバラの放飼場は、屋根の付いた風情あるカピバラ露天風呂があり、国内初の打たせ湯も完備しています。開催時期は例年11末月より2月まですが期間外でも寒い日はサプライズで開催されます。特別イベントとして地元産のザボンを入れたり近隣の温泉を運んでくることもあります。また薪ストーブ小屋があり、ストーブを中心にコノ字型のお客さん用のベンチが設置されておりカピバラと一緒に暖をとることが出来ます。
夏のイベントも有名で、地元の農家さん提供のスイカをカピバラに食べさせるのは迫力満点、大量のスイカが取り合いながら一瞬で無くなる様子は圧巻です。

ふれあい放飼場の他にも、柵で仕切られていますが繁殖制限用のボス(お父さん)を隔離する場所や、妊娠や出産直後のカピバラを飼育する小型な放飼場もあり、ふれあいが出来ないですが、人間に左右されない自由気ままのカピバラを観察する事が出来ます。夏には離れたレッサーパンダの屋外運動場にもカピバラを展示する年もあります。

カピバラ放飼場にはベンチなどがありゆっくり観察出来るほか、隣接する建物にはトイレ(ウォシュレット付き)も完備。50m手前にはレストラン&喫茶もあり冷暖房完備の屋内や屋外で食事が出来ます。地元名産のチャンポンや皿うどんあごだしラーメンやカレーなどリーズナブルな金額で動物園とは思えない食事が楽しめます、また予約が必要ですが手作りピザ体験も出来ます。園の出口付近のお土産屋さんも見逃せないスポットです。カピバラグッズも豊富で、長崎特産の美味しいお土産も揃っています。

長崎バイオパークカピバラ放飼場全景

カピバラ放飼場全景

カピバラの聖地!大きな放飼場でカピバラもお客さんもゆったり気分。開園時間は、ほぼ飼育係さんが常駐しているので色々質問をしてみよう!

カピバラ露天風呂

カピバラ露天風呂

日本で二番目のカピバラ露天風呂。温泉ではなく裏のボイラーでの沸かし湯だ。冬場は乾燥肌になっていたカピバラ達がよくなったとか。

長崎バイオパークカピバラストーブ

カピストーブ&小屋

カピバラ達と一緒にあたれるストーブ。一緒に暖をとりながらカピバラとのふれあいは至福の時間。膝に乗ってくることもある。


カピバラ食事風景

カピバラ食事風景

だいたい午前10時と閉園直前の時間に飼育係さんによる食事時間がある。時には季節の野菜、タケノコやブロッコリーなども登場。

カピバラ名物スイカタイム

夏の風物詩、スイカタイム

何時も穏やかなカピバラ達だが、スイカを目の前にすると豹変!親子兄弟関係なく無心でスイカを食べる姿は少し驚く光景。

日本初のカピバラ打たせ湯

カピバラ打たせ湯

日本で始めてカピバラに打たせ湯施設を作ったことでも有名。寒い日は取り合いになり喧嘩することも。


長崎バイオパークカピバラベンチ

ベンチでお昼寝

本来はお客さんが座るベンチだが、お昼寝の人気スポットに。こんな時は横に座って記念写真を撮ろう!

長崎バイオパークレストラン

レストラン「ケーナ」

カピバラ放飼場から50m程度の近さ、メニューが結構入れ替わり飽きない。本格的な地料理を楽しめる。

長崎名物カピバラグッズいっぱい

売店「メルカドプリメラ」

カピバラグッズの種類は日本で3本の指に入る品揃え。長崎名産物も多種あり。宅配も頼めるので安心して購入出来る。


このページの上に戻る