カピバラ大好き

カピバラ大好き>カピバラってなぁに?

カピバラって、なぁに?

[概 要] [行動と習性] [集団生活と子育て] [カピバラの食生活]

カピバラ全体写真

科名:カピバラ科
学名:Hydrochaerus hydrochaeris
和名:鬼天竺鼠(オニテンジクネズミ)
生息状況:ふつう種


カピバラは、とても大きくてブタの様に太っていますが実はネズミの仲間です。
ネズミの仲間を齧歯目(げっしもく)と分類しますが、その中でも地球上に現在存在する一番大きなねずみです。南アメリカのパナマからアルゼンチン北東部にかけて、川のほとりの草原や湿地帯に生息しています。


(カピバラの生息地域)

カピバラ生態地図


その大きさは、犬の様に四肢で立った時には鼻の先からお尻まで(体長)1.1~1.3m、地面から肩までの高さ(肩高)は50~62cm、体重は平均45kg、飼育場では最大でなんと70kgもあった報告事例もあったそうです。例えるなら、大きさは横にした旅行用のアタッシュケース、重さはスリードアの家庭用冷蔵庫ぐらいでしょうか。

その大きな体は硬い毛に覆われています。大人のカピバラは、タワシの様に硬く長く褐色の毛で地肌が見える程度にまばらに生えています。子供のカピバラは、逆に短く軟らかい毛がびっしりと生えています。特徴的な体にはネズミのシンボルとも言える尾がなく、四本の足は短く、前足は後ろ足より短かいです。

前足は指が4本、後足は指が3本と本数が異なり、指の間には小さな水かきが付いて上手に泳ぐ事が出来ます。

大きな鼻と鼻の穴の割に、小さな耳と眼がちょっと不細工な顔を演出していますが、まつ毛はとても長く愛嬌がある顔です。


(指の放数を比較、前足には4本指がありますが後足は3本)
カピバラ指の数


カピバラの性別の見分け方は鼻の上にある黒色をしている毛の生えていない卵型のモリージョと呼ばれる突起物があるのがオスのカピバラです。メスにはほとんどみられません。

モリージョから白くねばっこい分泌物を出して木などに擦り付け自分のテリトリーに印を付ける役割と交尾期になるとメスを引き付ける役割があるようです。

ちなみにモリージョという名前は、スペイン語の小さな丘という意味です。

このモリージョの様に臭いを出す臭腺がオスメス共に肛門の両側に一対の袋がありそこからも分泌物を出します。この分泌物の臭いは個体により違っていてカピバラ同士では臭いによって個体識別に役立っているといわれています。


(カピバラの性別見分け方・モリージョ)
カピバラ性別見分け方写真


カピバラは状況に応じて鳴声が違います。赤ん坊や子供のカピバラは常にのどを鳴らす様なキュルキュルという声を出して群れのメンバーや母親との接触を保っています。又この声は大人になっても親和的な時に発せられます。

動物園では飼育員さんが餌の準備をしている時などに聞く事も出来ます。又捕食者や危険を察知した時はゴッゴッと言うような咳払いの様な声を出します。この咳払いの様な声は繰り返し発して近くにいる仲間は周りを警戒して一斉に立ち上がり更に危険が近づくと水の中へ逃げ込みます。

しかし、避難場所の水中でもワニなどにも狙われています。野生での捕食者とは、地上からはジャガーやキツネ、上空ではコンドルなども狙っています。特に子供のカピバラは狙われます。

猛スピードで走り回りまわることもあります。以外にも普段おっとりしている様に見えるカピバラも死に物狂いで走ると、とても速く走る事が出来ます。

水はカピバラにとってはとても大事な場所であり、避難場所であると共に排泄や交尾も水中で行います。動物園においてもカピバラの飼育舎には池やプールがあるのはこの習性の為なのです。

寿命は野生で約5~10年、飼育下だと10年以上生きるものもいるようです。

カピバラの名前は、南アメリカのインディオのツピ族が使うグアラニー語からきていて草原の支配者という意味です。ツピー語のカッピン(草)ウバアラ(食べる)という語源説もあります。どちらにしても草を沢山食べるイメージだった様です。

このページの上に戻る