本文へスキップ

カピバラに会える旭山動物園

TOP>カビなび>旭山動物園

旭山動物園

旭山動物園の動物達
所在地
旭川市東旭川町倉沼
TEL
0166-36-1104
休園日
変則なのでHPで確認を
ホームページ
http://www.city.asahikawa.hokkaido.jp/
asahiyamazoo/
その他
冬季期間中は、カピバラは屋内施設で飼育している為、非公開なので注意。
動物園周辺は、有料と無料の駐車場が混在している。


カピバラ情報

最短距離
約 3m (柵越し・池が間にあり)
ふれあい
不可
えさあげ
不可
混合飼育
クモザル
お風呂
なし
特記事項
2017.1.8 「泉水」他界により飼育終了
2017.7.10 2頭来園、再公開へ


カピバラ詳細情報

旭山動物園のカピバラ放飼場の様子

今や日本中で有名になった旭山動物園。多くの方が訪れたりメディア等で取り上げられ行かれた方も多いと思いますが丘の様な緩やかな傾斜を利用した動物園です。カピバラが生活するクモザルカピバラ舎は正面ゲートから一番遠く、その逆に位置する東門ゲートから一番近い場所にあります。

幅10m弱の蒲鉾を切った様な半円形で、奥行きが一番長い場所で約6m程度。その外周には幅2m程度の水路的な池がぐるっと囲み、その深さは悪天候だった為に濁って正確には分かりませんが、カピバラが入水しても顔を十分出すことが出来、又足を付かないで泳げる事から60cmぐらいあると思われます。

その囲まれ、残された陸地部分は土で覆われて少し傾斜が付いております。
陸地部分には、温熱機が付いた1.5m四方の屋根が付いた場所と右奥に2m四方の屋根の付いた敷き藁が引かれた場所がカピバラのお気に入りの場所の様です。ちなみに、我々見学者との最短のカピバラの距離は約3m。手前には1.3m程度の鉄製の柵が付けられていますので、全く触れる機会はありません。

又、放飼場には高さ5mぐらいの、鉄で作られた木の雰囲気の造作物がありそこには、クモザル達が遊び、偶にカピバラ達がいる陸地の放飼場に下りてきては餌を食べたり、カピバラにちょっかいを出したりしていますが、あまり交わる事が少ないと思います。
ただ、クモザルがちょっかいを出す時は、非常にしつこく追い回す為にカピバラ達が声を出して嫌がったり池に飛び込んで逃げる場面もありましたが、サルは基本的には池の中まで追ってくることはありません。