本文へスキップ

カピバラに会えるあらかわ遊園

TOP>カビなび>あらかわ遊園

あらかわ遊園

あらかわ遊園全景
所在地
東京都荒川区西尾久六丁目35番11号
TEL
03-3893-6003
休園日
火曜日
ホームページ
http://www.city.arakawa.tokyo.jp/yuuen/
その他
ミニ遊園地・ミニ動物園・釣り堀の複合施設。
地下駐車場あり(平日1h200円・土日1h300円)。園内軽食施設あり。
平成30年12月1日よりリニューアル工事の為に休園 (32年後半迄予定)


カピバラ情報

最短距離
約 1m (柵・網越し)
ふれあい
不可
えさあげ
不可
混合飼育
なし
お風呂
なし
特記事項
2015年1月新規展示開始


カピバラ詳細情報

あらかわ遊園のカピバラ放飼場

施設自体は、ミニ遊園地・ミニ動物園・釣堀・公園・資料館が一つになった施設。遊園地には観覧車やメリーゴーランド・コーヒーカップなど小さいお子さんやご家族対象のミニ遊園地です。そんなに総面積は大きくなく、ひとまわりするのに、15分もあれば歩ける広さです。ふらりと散策しましたがこの日の一番人気は、釣堀でした。

その中に、どうぶつ広場という施設がありました。大きなバードゲージが印象的、ちょっと古いタイプの飼育&展示施設とふれあい施設などがありアライグマ・羊・ハナジカ・リスザル・牛・ポニー・ヤギ・ミーアキャット・マーラ・モルモット・ウサギ・ニホンザルなどが飼育されておりウサギやモルモット・ハナジカ・サルなどには餌あげを出来たり、子供はポニーの乗馬体験などが出来る面積は小さくても動物園です。

カピバラは展示小屋の一部屋に2頭で生活していました。部屋は約4m×4mぐらい、床はコンクリートで奥には1m四方の飼育小屋があり手前には約40cm四方・深さ20cmの水貯めが常設、ここはカピバラ達はトイレとして利用しており並べてプラスチックの箱に綺麗な水が貯めてありました、これは飲み水の様です。床の中央には敷き藁が敷かれ、私が会いに行った時は二頭並んで寝転んでおりました。

私達との間には、飼育小屋かせ1m離して高さ1mの柵がありまして飼育小屋し2cm×10cmのピッチの金網が張られておりました。ふれあいや餌あげなどは開催しておりません。